[an error occurred while processing this directive]

桑名 六華苑 舞楽会

 舞楽会(ぶがくえ)は、桑名地方における伝統文化の1つである。「多度神宮寺伽藍縁起並資材帳(奈良時代/重要文化財)」には「楽具」(楽器と装束)と記述され、少なくとも天平時代から舞楽の歴史が始まっている。また、江戸時代に、雅楽に由来する「楽翁」と号した松平定信をはじめ桑名藩主が代々雅楽を好み、藩校では必須科目として嗜まれた。桑名城跡には舞楽面など多数の雅楽文化遺産が現存する(桑名市博物館資料参照)。

 多度町が桑名市へ移行後、地域振興として桑名文化・スポーツ振興公社との共催により、重要文化財建物を背景とした本格舞楽会を、以下のとおり毎年春秋に美しい庭園にて開催している。演奏法も、重要文化財の和洋建物を背景にした芝生庭園(国名勝)において、古式に則った全日に亘るものであり、「安摩、二の舞」や「青海波(管絃舞楽)」について、復興に努めている。童舞(わらべまい)について、公募した親子で参加するなど、世代を超えて地域の文化愛好者により親しまれている。

平成19-20年度 「文化芸術による創造のまち」文化庁支援事業
平成20年度- 芸術文化振興基金 助成事業(大太鼓と大鉦鼓による上演)
平成20年度- 企業メセナ協議会 助成認定事業(税制優遇の寄付に指定)

概要

日時:毎年 5月第3土曜、日曜日 及び 11月第4土曜、日曜日
   (ただし、市行事により前後の週に変更する場合あり)

場所:六華苑(ただし、天候不順時は中止、和館の大広間に一部舞台を移す)

演目:庭園に三間四方を四間の高欄で囲む高舞台を設けて、古式に則り上演

   ■舞楽始式(ぶがくはじめしき) 振鉾三節
   ■左右舞楽(さとゆうのぶがく) 平舞、童舞、走舞、武舞のうち8曲
   ■退出音声(まかでおんじょう) 長慶子

これまでの上演舞楽

平舞:大曲(春鶯囀、萬秋楽、蘇合香、古鳥蘇、新鳥蘇)ほか多数
萬歳楽、延喜楽、輪台・青海波、敷手、承和楽、仁和楽、春喜楽、白浜、春庭花、地久、賀殿、長保楽、五常楽、登殿楽、甘州、林歌、北庭楽、綾切、央宮楽、新蘇利古、桃李花、皇仁庭、打球楽、狛鉾、埴破、胡徳楽、安摩・二の舞、蘇利古
童舞:迦陵頻、胡蝶、陵王、納曽利(市内公募の学生が舞う)
走舞:陵王、納曽利、胡飲酒、還城楽(左右)、抜頭(左右)、蘇莫者
武舞:太平楽、陪臚、散手、貴徳
国風歌舞:東遊一具
神楽:豊栄舞、浦安舞

[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]